人身傷害保険にもエコノミータイプがあるって本当?

人身傷害保険のエコノミータイプについて

このところ生活費は上がる一方で、保険料も節約したところなのですが、補償内容が大きく変わるのは、やはり不安です。車両保険にはエコノミータイプがありますが、人身傷害にもエコノミーがあると聞いたのですが、どんな内容なのでしょう?

自動車どうしの事故の場合、相手方とあなたの双方に過失があるケースがよくあります。この場合には相手方から支払われる賠償金は、相手の過失分だけとなり、あなたの過失分は補償されません。これではケガの治療にも困ってしまいますね。

人身傷害保険は、このようなケースでも、あなたの損害額を補償してくれる安心の保険です。普通保険約款に定める支払保険金の計算方法および損害額基準に基づいて保険金額の範囲内で保険金が支払われます。

さて、こんなうれしい補償内容なのですが、保険料を少しでも安くしたいというときには、補償の範囲を絞ることができるのです。人身傷害保険の補償範囲は、自動車事故で被ったケガによる損害を補償することとされています。「自動車事故」とは、自動車の運行に起因する事故、つまり、ご自分の自動車だけでなく、歩行中に自動車と接触したというような場合も含まれます。

この補償範囲を、ご自分のお車の事故に限定することで、保険料を安くすることができる特約があります。保険会社、保険商品によって呼び方は少し異なりますが、「人身傷害のご契約のお車搭乗中のみ補償特約」などという名称が一般的です。

逆に人身傷害の補償の範囲を広げた商品もあります。上位グレードの自動車保険商品では、「自動車事故」を「交通事故」まで広げている場合があり、こういった商品では、自動車事故だけでなく、交通乗用具(自転車など)の事故、交通機関の乗り場内で起きた事故、建物の火災などによるケガが補償されます。

ニーズに応じて補償範囲を検討してみる必要がありそうですね。

その他「自動車事故でケガをしたとき 傷害保険の補償」カテゴリのアドバイス

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ