「ゴールド免許」となるはずなのに、先に自動車保険の満期がきてしまいました!

私も次の更新でいよいよゴールド免許!
ですが、免許を更新しに行こうと思っている日よりも満期日のほうが早いんですよ。
これではゴールド免許割引がうけられないよー。

そんなに残念がらなくて大丈夫です。
保険会社によってはゴールド免許への更新はまだでも、割引が受けられるところもあります。
よくあるケースなので保険会社に問い合わせることをお勧めします。

免許の更新と保険料のゴールド免許割引について

今度の更新で、ゴールド免許になる予定なのですが、忙しくてまだ手続きができていません。自動車保険は、「ゴールド」で安くなると思っていたのに残念です…。

保険料のゴールド免許割引は、原則として保険始期日(保険期間の初日)の運転免許証の色で判断することとされています。この原則に従う限り、ゴールドになる予定であっても、免許が更新されていない場合にはゴールドとはなりません。

しかし、次回ゴールド免許になるという実態は変わらないのに、運転免許証の更新が早いか遅いかによって保険料の割引が適用されたり、されなかったりするのは不合理です。このため、ほとんどの保険会社では、ゴールド免許の「みなし」規定が存在します。

保険始期日(保険期間の初日)が運転免許証の更新期間(誕生日の前後1ヵ月)内にある場合、更新前後の運転免許証のいずれかが「ゴールド」であれば、運転免許証の色を「ゴールド」とみなすことができるとされています。

つまり、更新によって、「ゴールド」になるはずの人だけでなく、更新後は「ゴールド」でなくなってしまう人も、「ゴールド」とみなされることになります。

なお、ゴールド免許による割引は、現在ではほとんどの保険会社で設定されていますが、保険料の割引は、このほかに、走行距離、年齢、地域、使用目的など、さまざまです。自動車保険の保険料の決まり方は極めて複雑で、いつも同じ保険会社が安いわけではありません。保険料を少しでも節約しようと考えるなら、実際に保険料の見積もりをしてみるのがよいでしょう。

NTTイフの自動車保険比較見積もりなら、運転される方の生年月日などを入力するだけで、保険会社ごとに異なる年齢条件、必要な特約条件等を自動的に設定して、最大11社の保険料を一覧表示します。

その他「保険料が割引になる条件はたくさんある!」カテゴリのアドバイス

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ