地下駐車場が洪水で車が全損に!?

洪水で車が全損した場合のケーススタディ

マンションの地下駐車場に自動車を停めていたところ、集中豪雨で冠水してしまいました。修理屋さんによると、全損だということなので、買い替えするしかないようです。車両保険は、いわゆるエコノミータイプなのですが、保険金は出るのでしょうか?

車両保険には、一般タイプ、エコノミータイプがあり、それぞれ補償される範囲が異なります。台風、洪水、高潮などによる災害による損害については、どちらのタイプでも補償されます。

車は水に浸かってしまうと、エンジンや電気系統をやられて動かなくなってしまうことが多いようです。任意保険を選ぶとき、車両保険に入ると保険料が高くなるので、悩むことも多いと思いますが、こういう損害に備えるためには、エコノミータイプでも入っておいた方がよいということになりますね。

なお、同じ水害でも、地震、噴火、またはこれらによる津波による被害は、原則として自動車保険の補償の対象外となりますので、注意しておきましょう。

ワンポイントアドバイス

車両保険のエコノミータイプでは、以下の事故によりご契約のお車に生じた損害が補償の対象となります。

  • 自動車同士の事故(相手自動車およびその運転者または所有者が確認できる場合)
  • 盗難(ご契約のお車が、二輪自動車、原動機付自転車の場合は補償されません。)
  • 火災、爆発
  • 落下物、飛来物による破損
  • 台風、たつ巻、洪水、高潮 など

一般条件タイプでは、これに加えて、単独事故、当て逃げなどが補償されます。

その他「マイカーの損害を補償する 車両保険の補償」カテゴリのアドバイス

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ