夫が自分の過失で事故を起こして半身不随に

自らの過失で事故を起こした場合

夫が自分の過失で事故を起こして半身不随に

夫は、運転歴20年のベテランドライバーでした。普段から安全運転を心がけていましたが、いつも通りなれた交差点の信号が、黄色から赤に変わりかけていたにもかかわらず、強引に交差点内に進入し、左側から発進してきたトラックと衝突してしまいました。夫は一命をとりとめたものの、長期入院の末、半身不随となりました。こちらの過失は8割以上あるので自賠責保険も減額されてしまい、今後のことが不安でたまりません。このような事故で私たちのような家族が救われる保険はないでしょうか。

人身傷害保険をつけていれば、このような事故でも安心です。この保険は、自動車事故によって死亡したりケガを負ったとき、過失相殺(※保険用語集参照)などで相手から賠償金として支払われない部分も含めて、設定した保険金額の範囲内で、自分が契約している保険会社が約款に定められた支払保険金の計算方法および損害額基準に基づいて保険金を支払ってくれるという新しいタイプの保険です。もしセットされているなら、過失相殺された部分をこの保険でカバーできます。

人身傷害保険なしでは、一部しか補償してもらえませんが、人身傷害保険を契約していれば、損害額の全額が支払われるのです(損害額が保険金額を上回らない場合)。しかも相手からの賠償を待たず、自分が契約している保険会社から先に支払ってもらうことも可能です。その他、相手からの賠償に先行して自分の過失分を受け取る方法、相手との示談後に保険金を受け取る方法も選べます。この特約は支払補償限度額(保険金額)を3千万円から1千万円単位で最高2億円まで、それ以上を希望する場合は無制限で契約できます。

ワンポイントアドバイス
  • この保険は、ご本人とそのご家族については、契約している車に乗車中のみならず、歩行中や他人の車(自家用7車種など)に同乗中でも、自動車事故による損害は自分の過失分も含めて補償されます。ただし、酒気帯び・無免許運転等の場合は運転者本人の保険金は支払われません。 ※保険会社によって、対象となる車種が異なります。また、損害額の認定は、約款に記載された基準に従い各保険会社で行うため、相手の方の賠償基準と異なる場合があります。

その他「自動車事故でケガをしたとき 傷害保険の補償」カテゴリのアドバイス

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ