自動車保険の補償や特約が重複していないか確認して、保険料を節約しましょう

補償や特約の重複とは?

自動車保険はさまざまな補償と特約を付帯できますが、同居している家族の車1台に付帯されていれば他のすべての車で事故を起こした場合でも補償されるものが複数あります。また、別の保険で補償されることもありますので、補償や特約の重複を見直せば、保険料が下がることがあります。

どんな補償や特約に気を付けるべきか?

まず気を付けたいのが「弁護士費用補償特約」「ファミリーバイク特約」「自転車事故補償特約」の3つです※。
他の自動車保険契約に上記特約が付いている場合は、2台目以降の契約にはつけないないという判断も。
また、「ファミリーバイク特約」は個別に契約しているバイク保険、「自転車事故補償特約」は個別に契約をしている傷害保険、交通傷害保険や自転車保険と同じか似ている補償内容となっているため、必ずご確認ください。

これらの特約を1契約のみにご契約される場合、将来、そのご契約を解約されたときや同居から別居への変更等により補償を受けられる方が補償の対象外になったとき等は、補償がなくなることがありますので、ご注意ください。

「個人賠償責任特約」の重複はメリットも

「個人賠償責任特約(以下、個人賠償)」は火災保険やペット保険、自転車保険にもついていることがございますが、それぞれの保険金額の確認をお勧めいたします。仮に何らかの理由で2億円の賠償責任を負った場合、火災保険で契約をしていた個人賠償で1億円しか払われない場合、別の個人賠償で残りの1億円が支払われるという仕組みです。
そのため、今契約をしているペット保険の個人賠償の保険金額が仮に1000万円であった場合、自動車保険で1億円の個人賠償に入っておけば、合計で1.1億円まで支払いを受けられます。もしくは金額が小さい個人賠償ははずして、大きい金額だけにすることで保険料を抑えられます。
もちろん、保険金額が無制限である場合は、少額の個人賠償を残す必要はございません。

「人身傷害保険」の重複について

少々複雑なため、こちらのページで解説いたします。
※特約の名前は保険会社によって異なります。また、掲載されている特約がない保険もございます。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ