法人向けの自動車保険は一体どんな保険?個人向け保険と比較します。

法人向けの自動車保険について

運転者の範囲が個人契約と異なります

契約者→法人、被保険者→法人の場合、個人の自動車保険の様に本人・配偶者限定や家族限定の設定ができません。法人が被保険者となりますので、原則その会社の従業員が運転することになるためです。その分保険料も高くなります。

法人向けにしかない特約があります

法人向けの自動車保険の内容は、ほぼ個人向けの自動車保険と同じですが、法人にしかない特約がついています。例えば、法人借用自動車危険補償特約です。この特約は、業務中に取引先の車を運転中に事故を起こしてしまった際に、対物賠償保険、対人賠償保険、などの補償が適応されます。また、積載事業用動産特約は、契約車両に積んである荷物が事故により破損してしまった場合、補償を受けることができます。こういった特約は法人向けの自動車保険にしかついていません。

10台以上車を所有している場合はフリート契約がおすすめ

事業者の中には、10台以上の車を所有していて、外回りの社員が使用しているといった場合も多いですよね。そんなときはフリート契約がおすすめです。フリート契約とは、10台以上車を使用する場合に契約可能な特約のことをいいます。(個人の場合は9台以下のノンフリート契約になります) このフリート契約とノンフリート契約の違いは、保険料の計算方法が異なることです。フリート契約では、契約している台数と契約車両全体の損害率で、割引率を出しているため、ノンフリート契約よりも、1台あたりの自動車保険料が抑えられるといったメリットもあります。
なお、NTTイフでフリート契約の扱いはございません。国内の大手損害保険会社までお問い合わせください。

ダイレクトでも法人契約可能ですが条件があります

ダイレクト保険でも法人名義での契約を引き受けている会社があります。ただし条件があるので下記をよくご確認ください。

■車両所有者、契約者、被保険者いずれも法人の場合
5台以下に限り、チューリッヒで契約が可能です。  >>詳細はこちら

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ