故障による損害は自動車保険で補償されますか?

故障による損害の補償について

車を運転していて突然エンジンがストップ。こんな経験ある方いらっしゃいませんか?車はいつ故障になるかわかりません。そんな故障が自動車保険でどこまで補償されるのか、今回ご紹介いたします。

故障は補償の対象になりません。

車が故障した場合、車両保険(車の修理費等を補償する保険)が適用されますが、車の調子が少し悪い、エンジントラブルが原因といったケースでは、保険の適用外となってしまうのです。

補償されるのは事故や盗難といったケース

では、車両保険によって補償されるのはどのようなケースでしょうか。
車両保険が適用されるのは主に以下のケースです。

・車と衝突してしまった
・車に落書きや窓ガラスが割られていた
・壁にぶつかってへこんでしまった
・当て逃げをされた など

上記のように不慮の事故、いたずらによって車に損害が生じた場合に補償の対象となるのです。また、補償金額は保険商品によっても異なるため、加入の際はよく検討をすることがおすすめです。

カーナビって補償対象なの?

車の中にあるカーナビも、実は補償の対象になることをみなさんご存知でしたか?
例えば、車同士で衝突事故を起こしてしまい、それがきっかけでカーナビが壊れてしまった場合は、車両保険が適用となります。「箱の中から出したけど電源がつかない…」「運転中にカーナビを落としてしまった」といった理由では、補償の対象外となりますので注意しましょう。

保険適用のポイントは「事故にあったら」と覚えておくことがポイント

車両保険の適用・適用外の判断をするポイントとしては、「事故にあったら」と覚えておくと良いでしょう。例えば、車を走行中にエンジンがストップしてしまった場合は適用外ですが、事故直後にエンジンが止まってしまったら、それは保険適用になります。なお、いたずらや災害などで車が故障した場合も補償の対象となるため、故障をした際は一度契約をしている保険会社や代理店へ相談することもおすすめします。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ