日本で加入している自動車保険は、海外での事故も適用されるのですか?

海外での自動車事故の補償について

日本の自動車保険では、海外の自動車事故は対象外

日本の保険会社や保険代理店で加入した自動車保険には、日本国内で生じた事故による損害又は障害に対してのみ保険金を支払うと記載されていることがほとんどで、原則として海外で自動車事故を起こしたときに自動や保険を使うことはできません。自動車保険は通常、日本国内で運転して起こる事故に対して補償する場合を想定し、保険料の算出を行っているため、海外での運転で起こる事故のリスクは想定されていないのです。そのため、海外での自動車事故は日本の自動車保険では補償の対象外となっているのです。

他車運転特約も海外では対象外に・・・

自動車保険加入時に他車運転特約を付けると、友人から自動車を借りて事故を起こした際に、借りた友人の自動車保険ではなく、自分の自動車保険を使うことができます。しかし、自分の自動車保険そのものが日本国内での事故に限定されていれば、他車運転特約の補償も国内に限定され、海外で友人から自動車を借りて起こした事故はやはり対象外となります。

海外でのトラブルは海外旅行保険で補償される。

海外旅行に行くときには、海外旅行保険の契約をする方も多くいらっしゃいます。海外旅行保険は海外旅行先でのケガや病気の補償をする保険であるため、海外でレンタカーを借り、運転中に自分がケガをした場合は、傷害治療として海外旅行保険で補償を受けることができます。また、賠償責任保険が付帯されていれば、海外で物を破損した際に補償を受けることが可能となります。
しかし、賠償責任保険は、飛行機や船舶、自動車運転中の事故による相手への賠償責任は、保険金支払いの対象外であることがほとんどです。

海外でレンタカーを借りる場合は適切な保険に入るようご注意を。

海外でも自動車に乗って交通事故を起こし、相手に損害を与えれば、日本国内で事故を起こしたときと同様に賠償責任が発生します。
海外でレンタカーを借りて運転する場合には、レンタカー会社で、対人賠償、対物賠償責任などを補償する保険に加入すると自動車事故の補償が受けることができます。海外のレンタカー会社で加入できる自動車保険には、補償の範囲や保証金額により、いくつかの種類がありますので、レンタカー会社で相談して、適切な保険に加入しましょう。

海外で車を買って運転する場合は現地の保険加入がベストです。

海外に長期滞在するなどで、自動車を日本から運んだり、現地で購入したりして運転するときは、海外で現地の自動車保険に入りましょう。今まで現地での運転経歴や保険加入の実績がないと、現地の保険会社への加入が難しいこともあるため、現地の保険会社との仲介が可能かを保険代理店にあらかじめ聞いておきましょう。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ