今の保険契約の途中で保険会社を切り替えることはできる?

契約期間中の保険会社の乗り換えについて

契約途中でも保険会社を乗り換えることは可能です。
自動車保険は通常1年契約である為、今の自動車保険を継続したい場合は、そのまま更新手続きをするだけです。しかし、満期日で別の保険会社に乗り換えたい場合には、満期日前に新たな自動車保険の契約手続きが必要です。満期日を責任開始日とする契約を締結することでスムーズに乗り換えることが出来ます。
また、満期日前の契約途中であっても中途解約をして保険会社を乗り換えることはできます。“自動車保険の契約中に見積もりを取ってみたら、他の保険会社の保険料の方が安かった。契約途中でも乗り換えたい。“というケースも少なくありません。
乗り換える際の手続きや注意点を確認の上、満期日に変更するのか、契約途中でも変更するのか、検討いただければと思います。

保険会社を乗り換える際の注意点って?

注意点としては、満期前の契約途中で保険会社を乗りかえる場合、満期日の乗り換え手続きよりも手続きの方が手順や手間が増えます。具体的には、加入している保険会社の解約手続きと、新たな保険会社の加入手続きの両方の手続きが必要になります。
また解約日は、新たに加入する保険会社の保険開始日と一致させるのが望ましいです。無保険期間に自動車事故を起こしてしまった際には補償がありません。無保険期間に事故があれば大変です。旧保険の解約日が新保険の保険開始日になるように手続きをしましょう。

保険期間通算特則はあるの?

契約途中で変更すると等級アップが遅れて、保険料の面で不利になります。
1年毎に1等級アップするところを、契約途中で保険会社を乗り換えれば新保険の保険開始日から1年となる為、旧保険の期間が無かったことになってしまいます。しかしながら、新保険の保険会社に保険期間通算特則があれば、旧保険の期間を引き継ぐことができる為、等級の面もスムーズに引き継ぐことができます。満期前の契約途中で乗り換える際には、これも重要なポイントです。

解約返戻金って?

年払いで保険料を支払った旧保険の解約をすると、戻金が振り込まれる場合があります。それが解約返戻金です。しかしながら、解約返戻金の計算は日割計算ではなく月割計算であり、短期率という数字を使って計算される保険会社が多いです。その結果、払い過ぎた保険料よりも少なくなる(7割程度)のが一般的です。満期日まで残り僅かという時点での中途解約ですと、解約返戻金が無い(あっても極僅か)ということもあります。若干であっても損をするわけですので、乗り換えを検討する際の重要なポイントの一つです。
また、保険料を月払いにしていた場合には解約返戻金はありません。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ