大雨による冠水で車が水没した場合保険って適用されるの?

水没による補償について

雨の日は自動車を使って移動することも多くなると思います。もし大雨で道路や駐車場が冠水し、自動車が水没し故障した場合には、自動車保険の「一般条件の車両保険」か「エコノミー車両保険(車対車+A)」に加入している場合には補償の対象となります。

車両保険って何種類あるの?

自動車保険の車両保険は、自分の自動車が事故で損害を受けたときに車の修理代を補償してくれる保険です。契約の種類は大きく分けて3つあり、「一般条件の車両保険」「エコノミー車両保険(車対車+A)」「車対車の車両保険」の3つがあります。

車対車の車両保険は、他の自動車との衝突・接触の事故による損害を補償する車両保険ですので、大雨による自動車の水没などの自然災害による損害は補償の対象外となります。
一般条件の車両保険、及びエコノミー車両保険(車対車+A)は、他の自動車との衝突・接触の事故による損害に加え、大雨による冠水で自動車の水没で自動車が故障した場合にも補償対象となります。
車両保険を使うことにより等級が下がることも…
大雨による冠水で自動車の水没で、エンジンや電気系統に水が入り壊れてしまい、自動車の外観はきれいでも、修理ができず廃車となる場合もあります。この場合、修理不能の全損となり、契約時に設定した保険金額全額が支払われることになります。

自動車保険を使うと等級が下がり、翌年の保険料が上がります。他の自動車との衝突・接触の事故では等級は3つ下がりますが、大雨による冠水での水没は等級が1つ下がります。大雨による冠水以外にも、高潮や堤防の決壊による洪水を原因とした水没も補償の対象となりますので、車両保険に加入しているか、保険内容を再確認しておきましょう。
. 車両保険に入ると自動車保険の保険料が増えるので、車両保険を付けていない方もいらっしゃるようですが、大雨による損害に備えたい場合は、一般条件の車両保険かエコノミー車両保険を付けることを検討するとよいでしょう。

車が冠水したときは保険会社やロードサービスに連絡を

台風などの大雨による冠水で自動車が水没してしまったら?と考える方もいらっしゃると思います。実際に冠水をしたときは、慌てずに車のエンジンをきりましょう。その後、安全な場所に避難します。安全な場所に移動したら、自動車保険の契約している会社やロードサービスに連絡をして、その後の指示を仰いでください。

保険契約会社によっては、万一の事故や自動車の故障に備えて、24時間365日対応の電話受付サービスがあり、無料のロードサービスの手配を受けられる特典があります。車の水没で、加入していた保険の契約内容がわからない場合でも、丁寧に対応してくれるので安心です。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ