車を売る予定ですが、再購入したときはまた新規に入りなおすべき?

自動車を再購入する際の保険の加入について

自動車保険は中断により等級が維持できる

転勤などのライフスタイルの変化や家庭の経済的な理由により、時には自動車を手放さなければならない場合があります。
数年後に自動車をまた購入するからといって、自動車を手放した後も、自動車保険に加入し続ける必要はありません。そういう場合は、自動車保険は一度解約をし、数年後に自動車を購入した際に、自動車保険に再加入しましょう。
現在、ノンフリート等級が7等級以上である場合は、再加入時に6等級で新規契約をしてしまうと保険料が高くなってしまいますので、等級を維持し保険料を抑えるためには、中断という手続きが必要となります。

自動車保険の中断とは

自動車保険には1等級から20等級までのノンフリート等級制度があります。自動車保険を初めて契約するときは6等級から始まり、保険請求する事故がないと等級は毎年1つずつ上がり、20等級まで上がると保険料が最も安くなります。

長年、無事故を心がけて等級を上げ、保険料が安くなってきたときに、自動車を売却する場合には、将来再び自動車を購入することを考え、それまでの等級は維持したいものです。 現在の等級で、自動車保険に再加入したい場合は、自動車保険の解約時に、「中断証明書」の発行手続きをしておく必要があります。中断証明書があり、一定の条件を満たしている場合には、中断前の等級と同一の等級で自動車保険を再開することができますので、覚えておきましょう。

中断証明書の発行方法

ノンフリート等級が7等級以上である場合、譲渡や廃車、リース会社に返還したことを証明する書類(登録事項等証明書など)を添え、中断証明書の発行を依頼します。保険契約期間中に、譲渡や廃車、リース会社への返還がされていれば中断証明書を発行してもらえますが、自動車保険が満期を迎えており、契約が終了していると中断証明書が発行されませんので、注意が必要です。
また、海外渡航時にも、一定の条件を満たせば中断証明書の発行は可能ですので、代理店等に相談しましょう。

中断した等級で再開するには

中断した等級で自動車保険を再開するには、中断(保険期間の末日)の翌日から起算して10年以内に、中断証明書を添えて、自動車保険に再加入することが必要です。10年を過ぎてしまうと、新規の契約(6等級からのスタート)と同じ扱いとなりますので注意が必要です。

今後の自動車の購入日が決まっていなくとも、将来加入する自動車保険の保険料を抑えるために、自動車の売却時には中断の手続きを行っておくとよいでしょう。 なお、自動車保険の再開時には、保険会社を変えても、中断時の等級は引き継がれますので、再開前に、複数の保険会社の自動車保険を比較検討することも大切です。自動車保険の保険料は、保険会社とダイレクトに契約しても代理店を通じて契約しても変わりませんので、中断や再開の手続きについても丁寧に説明してくれる代理店を選びましょう。

よく見られているおすすめコラム

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ