ペットも入れる自動車保険ってあるの?

ペットも入れる自動車保険ってあるの?

ペットは人と違って健康保険がありません

ペットを飼っている方は知っていると思いますが、ペットには人のように「健康保険」というものがありません。「愛犬が誤飲をしてぐったりしている」「手術が必要だ」となった場合、医療費は100%自己負担になってしまいます。例えば、犬にもヘルニアがありますが、ヘルニアの手術に数十万かかってしまった…といったケースもあるため、ペットを飼っていて保険加入してない方がいたら、早めに保険加入の検討をしてみてください。

ペットの加入できる保険は2つある

ペットの加入できる保険は2つあり、1つは自動車保険のペット搭乗補償がついた保険です。この保険の補償内容は、「ペットが車に搭乗中に事故に遭って、ケガをしてしまった」といったケースを補償する保険です。また、「愛犬が友達に噛み付いた、ものを壊した」といった賠償責任が生じた場合にも、補償の範囲になります。次に、ペット保険です。「飼っているペットの調子が悪くなり、病院にいって診察を受けた」などの手術、通院の際に適応される保険です。このペット保険に加入しておくと、医療費の自己負担率は100%→30%と大幅に節約することができます。(自己負担率は保険会社によって異なります)また、保険料も月々数百円といった保険もあるため、ペットを飼うことを検討している方は、合わせて保険のことも考えておくといいでしょう。

ペットも高齢化すると病気になる確率はあがります

当たり前ですが、ペットも歳を重ねると病気になる確率は高くなり、人間と同様、通院する機会も増えてきます。また手術もする機会もあるでしょう。ペット保険で手術をした場合、1回の治療費用の支払限度額も設定されていることもありますので、契約内容は必ずチェックしましょう。

NTTイフでも、ペット保険を取り扱っている保険をご紹介できますので、ペット保険の加入・見直しを考えている方はぜひ一度ご検討してみてください。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ