運転者年齢条件特約ってどんな特約?

運転者年齢条件特約ってどんな特約?

車の運転を子供がするので、自動車保険を見直したい。そんなときは”年齢条件”を活用してみることを考えてみましょう。年齢条件を設定することで、今払っている保険料を抑えることができるかも知れません。年齢条件の制度、設定するメリットについてご紹介いたします。

運転者年齢条件とはどんな制度?

運転者年齢条件とは、契約している車を運転する方の年齢を設定して、保険の補償範囲を設定する特約のことをいいます。

年齢条件は、30歳以上、26歳以上、21歳以上と分かれており
「30歳以上」で設定した場合、30歳以上の運転者に限定がされます。
※年齢条件35歳以上も保険会社によってはございます。
※年齢条件は各保険会社の保険商品によって異なるため、保険会社や代理店へ必ずご確認ください。

年齢条件を適用するメリットとは?

年齢条件は運転者の年齢で、保険適用の範囲を限定する保険料を割り引く制度です。例えば、年齢を30歳以上に設定した場合は、運転者の限定範囲が狭まるため保険料の割引率が高くなり、逆に、21歳以上とした場合は、運転者の範囲も広がるので、保険料の割引率は低くなります。また、21歳以下を設定するときは全年齢補償となります。

補償を受ける際に、注意したいポイントは「設定されていない方の事故は補償対象外となる」ということです。

例えば、30歳以上の年齢条件を設定して事故を起こした方が25歳の場合、補償対象になりません。また、車を運転する方が40代しか乗らないといった場合は、年齢条件を引き上げることで保険料の割引率を高くすることが可能になります。

年齢条件以外でも使える特約はあるんです

保険料の割引を活用する場合、年齢条件以外にも、新車に適応される「新車割引」や、こどもに限定する「こども特約」。さらに運転者を「本人」「夫婦」などに限定する特約など、種類は様々です。車の使用用途により、付帯する特典も異なるため、一度保険のプロに相談をすることをおすすめします。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ