自分にまったく過失がない事故でも、保険を使ったら必ず等級が下がりますか?

自分にまったく過失がない事故でも、保険を使ったら必ず等級が下がりますか?

いつも安全運転を心がけていたのに、急に後ろから追突されてしまった!そうしたもらい事故に遭ってしまった場合、自動車保険の等級はどうなるのでしょうか。自分には全く非がなくても、等級は下がってしまうのでしょうか? 今回ご解説します。

等級がさがる事故・さがらない事故

等級は、1年毎に見直しがされ無事故の場合は等級はあがり、事故を起こして保険を使用すると等級はあがってしまいます。今回のような自分に過失がない場合はどうなるのでしょうか。

まず、等級が下がる事故とは以下のケースの場合です。
・火災、盗難 といった想定外のトラブル
・洪水、ひょう、竜巻といった自然災害
・飛び石などの飛来物による損害
・車両保険を適用する事故(車同士の追突など)

次に、等級がさがらない事故は下記のとおりです。
・ファミリーバイク特約事故
・人身傷害補償保険事故
・弁護士費用特約事故
といった「特約」や車両保険の補償に適用されない事故の場合は等級はさがりません。

※等級の評価は、保険会社によって異なる部分もあるため、必ず加入している保険会社に確認をとるようにしてください。

自分に過失がなくても等級がさがることもある

車を運転していて事故に遭い、自分に過失(自身の不注意など)がない場合でも、車両保険が適用されると等級がさがる対象となってしまいます。

等級がさがる事故に遭ってしまうと、3ランクダウンすることも

保険を使用した場合、等級はさがってしまいますが、事故によっては、3等級下がってしまうケースもあるんです。等級がさがる基準は、保険会社によっても異なりますが、”相手の自動車と衝突して、自分の車が破損した場合は3等級ダウン”といった決まりがあるのです。

過失があってもなくても、事故に遭ったら必ず連絡を

どんな小さな事故も、保険会社や代理店、警察に連絡をするよう意識をしましょう。相手の車とぶつかって、”お互い軽い損害(車がちょっと凹んだ)で済んだ”から連絡はしないは、後々のトラブルの原因にもなりかねます。最近では、軽いキズだと装い、後から高額な修理代や慰謝料を請求するといった事件も起こっているので、事故にあったらすぐに保険会社や警察に連絡をするようにしましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ