事故を起こしてしまった!どのように行動すればいい?

事故を起こしてしまった!どのように行動すればいい?

車を運転していてハッとしたことはありませんか?子供が曲がり角から飛び出してきた、赤信号を突進してきた車とぶつかりそうになったなど。運転しているとドキッとすることが多々あります。今回は、万が一事故に遭ってしまった場合の対処法についてご紹介します。

事故に遭っても慌てない!

当たり前のように感じると思いますが、事故に遭うと気が動転してしまい、他の車と衝突してしまうなどの二次的な事故を招いてしまう可能性があります。常にとはいいませんが、「万が一の時には慌てない」といった意識を持つようにしましょう

まずは怪我人がいないか確認を

事故に遭った場合は、加害者・被害者関係なく、負傷者がいるかをまず確認をしましょう。負傷者がいる場合は、すぐに救急車を手配しましょう。また、負傷者が車の下敷きになる、閉じ込められてしまうケースの場合、事故の衝撃で車が炎上する危険性があります。周りの手を借りて負傷者をすぐに救出し、安全な場所へ避難させてください。

警察に連絡したら証拠を残しておきましょう

負傷者の救出、救急車の手配などが完了したら、事故を起こしたことを警察に必ず連絡しましょう。警察を呼ばずに示談で済ませてしまうと、後日示談金でトラブルに発展する可能性もあります。まずは警察の指示を仰ぐことをおすすめします。
また、事故現場を詳細に説明するためにも、スマートフォンのカメラで事故現場を複数枚撮影しておけば、事故検証をスムーズに進めるための材料になります。

大丈夫だと思っても病院で検査することも忘れずに

また特に大きな怪我がなかった場合、病院に行かずにすませてしまう場合があります。事故を起こして、首を少しひねったが「少しぶつかったくらいだから大丈夫だろう」とそのままにしたところ、身体に痺れが残ってしまったというケースもあります。外傷はなくても身体の中でダメージを負っている場合もあります。念のため病院で検査を受けるようにしましょう。

困ったときこそプロのサポートを受けましょう

NTTイフの自動車保険は、ロードサービスや弁護士相談といった特典もついているため、少しでもわからないことがあれば、対応してもらうことができます。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ