事故を起こしてからの保険金の請求期限はどれくらい?

事故を起こしてからの保険金の請求期限はどれくらい?

車をぶつけてしまったけど大した傷もないのでそのままにしている、という方はいらっしゃいませんか?保険が使えるのにそのまま放置していると時効になってしまい、保険が使えないことに・・・
では、その請求期間はいつまでに申請すればよろしいのでしょうか。今回はそんな請求時期について解説したいと思います。

3年が過ぎてしまうと時効になり請求ができなくなります

事故が起きてから保険請求できる期間は、保険法によって定められています。その期間は事故が起きてから3年です。その理由としては、事故が起きてから時間が経つと、事故調査などが難しくなるためです。また、保険金の算出基準もあいまいになってしまい、事故発生時と比べて金額が減ってしまうといった可能性もあるためです。
自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2種類ありますが、基本的にどちらも請求期限は変わりません。しかし、加害者側と被害者側では請求期限が異なっているため、保険会社へ必ず確認するようにしましょう。

※保険金請求の時効に関しては、起算日が保険商品によっても異なるため、必ず保険会社に確認をしてください。

保険金の請求に必要な書類も抜け漏れなく提出を

保険金の請求には、保険金請求書(各保険会社指定のもの)や交通事故証明書、医師の診断書が必要となります。なお、医師の診断書はすぐに発行されるものもあれば、1週間~2週間かかる場合もあるため、早めに申請をしておくのが良いでしょう。また、のちのちのトラブルを避けるために示談書も用意する場合もあります。

※必要書類は、請求内容によって異なるため、必ず保険会社や代理店に確認をとってください。

保険金の請求は、期限が設けてあり提出書類も保険商品によって異なるため、手続きに時間がかかることもありますが、保険会社や代理店に確認をとりながら進めることで抜け漏れや時効を防ぐことができるでしょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ