自動車の故障・トラブル対応マニュアル:走行中にハンドルを取られる・ぶれる、エンジンのオーバーヒート

走行中にハンドルを取られる・ぶれる

高速運転中のトラブルは、命にかかわるような事故につながります。自動車保険の補償は最終手段としても、まずは安全に停車することが肝心です。必ず知っておきたい「正しい止まり方」を紹介します。停車したうえでパンクと分かれば、とりあえずスペアタイヤに交換。自信のない方は、自動車保険に付帯のロードサービスを頼む方法もあるでしょう。ご自分の自動車保険のサービスを確認しておきましょう。

先ず、パンクを疑い、安全なところで点検を

走行中、自動車のハンドルがブレたり左右に取られたりするようになったら、パンクを疑うこと。パンクというと一気に空気が抜けるイメージを持つようだけれど、そうでもない。実際は早くて1分。長いと数分掛かって抜けるため、初期に気づけば危険な状態にならずに済む。もし怪しいと感じたなら、基本的にはすぐ止まること。といっても最初はアクセルを緩めるだけでOK。ブレーキを掛けるのは好ましくない。

命にかかわる事故にもつながる危険性が。とにかく安全なところに停車し、点検を。

前輪のパンクだと余計にハンドルを取られてしまい、最悪の状況だとコントロール出来なくなってしまう。後輪パンクの場合、今度は横方向のバランスが悪くなるため、これまた危険。アクセルを戻す程度の減速で丁度いい。高速道路の追い越し車線を走行している時であれば、左にウインカーを出し安全を確認しながらユックリ路肩まで出る。急なハンドルやブレーキ操作をしない限り、突如スピンするようなことはない。

高速道路なら路肩にたどり着けば一安心。ただここで停車してタイヤ交換するのは×。後続車に追突される可能性もあるからだ。パンクしたタイヤは使えなくなってしまうが(高速道路でパンクすることなど一生に一度あるかないか。安全性を重視したい)、ハンドルを取られないような速度でバス停かサービスエリア、インターチェンジまで走ろう。そこでスペアタイヤと交換する作業をすればよい。交換手順は車載のサービスマニュアルに出ている。

オーバーヒート

外出先で自走不能となったとき、最近の自動車保険では、ロードサービスが付帯されていることが多いので、いざというときに頼りになります。とは言っても、レッカー車のお世話になるようでは、楽しいドライブは台無しですよね。トラブルの芽を早めに発見することが重要です。自動車保険に頼るのは最終手段にしたいものですね。

エンジンを冷やして原因調べ

まずはエンジンを冷やすことが第一。安全な場所に停車してボンネットを開けよう。

JAFの統計によれば、オーバーヒートによるトラブルは毎年上位5番目以内に入っているという。新車から5年目/8万kmくらいまでの車には発生しにくいトラブルながら、それ以上走るとオーバーヒートを起こす要因がいろいろ増えていく。最も多いのは、ファンベルトのトラブル。ファンベルトの調整(張りの強さ)などしていないと、どうしてもスリップしやすくなる。特にエアコンのスイッチを入れると(夏冬問わず)、急に負荷が掛かるため滑り始めるようだ。多くの車種では、水を循環させるポンプをファンベルトで稼働させる。したがってファンベルトが滑ると、結果的にオーバーヒートしてしまう。

その他、冷却水不足(古くなるとラジエターに小さな穴が開きやすい)などもオーバーヒートの原因になる。オーバーヒートは、水温計を常時見ていれば大事に至る前に察知出来るけれど、普通は無理。水温計など頻繁に見ないからだ(車種によっては赤い警告ランプが点くこともある)。運良く事前に察知出来れば、対応は簡単。すぐ安全な場所に自動車を停車させ、エンジンを止めてボンネットを開く。ラジエターキャップを開けると沸騰した水が飛び出すので危険。エンジンに水を掛けるのも止めておくこと。

冷えてから冷却水の量をチェックし、足りなければ足す。ファンベルトが緩んでいればJAF等を呼んで調整すると、そのまま走ることが可能。しかし突如ボンネットから湯気が出てしまうようなオーバーヒートだと(最も多いケース)、そう簡単ではない。止めてボンネットを開けて待つまでは同じながら、その後が重要。本格的にオーバーヒートしてしまえば、エンジンにダメージを負っている場合も多い。そのまま水を継ぎ足せばいいということではないのだ。これまたJAFを呼んで修理してもらうのだが、走行不能になってしまうこともある。ちなみにオーバーヒート対策は日常の点検で防止可能。

その他の「自動車の故障・トラブル対応マニュアル」

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ