自動車保険についてのご相談

よくあるご質問

自動車保険についてのご相談

自動車保険の保険料は、NTTイフで契約するよりも保険会社のサイトで直接契約するほうが安いですか?

保険料は、どちらでご契約しても変わりません。自動車保険の保険料は、同じ商品であればどこで契約しても同じ保険料と決まっております。つまり、NTTイフでご契約いただくと、同じ保険料でNTTイフの独自サービスと保険会社のサービスの両方を受けることができます。

人身傷害と搭乗者傷害との違いについて教えて下さい。

「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」はどちらもご自身(搭乗者、被保険者のご家族)を対象とした傷害保険である点については変わりはありません。保険事故の発生事由や保険金の支払われ方に違いがあります。また、それぞれの条件を満たしていれば、両方の保険金を請求することもできます。

  • 搭乗者傷害保険
    保険を契約した車に搭乗中の人が死亡または傷害を負った場合、保険金が支払われます。ここでいう「搭乗者」は、その車に乗っているすべての人のことをさします。同乗者だけでなくドライバー本人も含まれています。

    保険金の支払われ方の基準について
    • 死亡保険金
      事故発生から一定の日数以内(通常180日)に、そのケガを直接の原因として死亡した場合、1名につき設定した保険金額の全額が支払われます。
    • 医療保険金
      (部位・症状別払)
      ケガの部位や症状が確定次第、症状や傷害の部位に応じて、定額(一定の決まった金額)が支払われます。
      (日数払)
      ケガの完治後、完治するまでの通院日数や入院日数に応じて設定された保険金額が支払われます。
  • 人身傷害補償保険
    被保険者とその家族が、保険を契約した車に搭乗中はもちろん、他の車に搭乗中、または歩行中の事故でも、対象となり、過失の大小に関係なく”自分が”契約した保険会社から損害賠償金を受け取ることができます。
    また、通常は相手方との示談交渉が成立してからでなければ保険金を受け取れませんが、人身傷害補償保険の場合、契約している保険会社の支払基準に従って、示談の結果を待たずに保険金を受け取ることが可能です。(保険会社の支払基準については、各社の「ご契約のしおり(約款)」をご確認ください)

    (例)Aさんが事故を起こして重症を負い、7000万円の損害が発生。過失は、Aさんに3割、相手に7割あると判断された場合
    この場合、7000万円のうち3割分を差し引いた4900万円が相手から支払われますが、残りの2100万円はAさんの自己負担となります。人身傷害補償保険をかけているケースでは、Aさんは自己負担なしで全額受け取ることができます。
    また、追突や信号無視、センターオーバーなど、一方的な事故を起こした場合、過失は基本的に100%と判断されるため、相手の車の自賠責はもちろん、その上乗せとなる任意保険からも保険金は一切支払われないことがあります。相手に過失がないということは、結果的に自損事故と同じ扱いになってしまうからです。人身傷害補償保険は、このような事故でも、ケガによる治療費、休業補償、慰謝料などの損害を契約した保険金額を限度に100%補償してくれます。

搭乗者傷害の部位・症状別払と日数払の違いについて教えて下さい。

搭乗者傷害保険の医療保険金の支払方法には、「部位・症状別払」と「日数払」の2種類があり、その違いは、保険金が支払われる時期と保険金の設定方法にあります。

  • 保険金が支払われる時期
    「日数払」がケガの完治後(損害額の確定後)でないと、保険金が支払われないのに対し、「部位・症状別払」は、治療中でもケガの部位や症状が確定次第、保険金の支払いが行われます。「部位・症状別払」のほうがより早く、当座の必要資金をまかなうことができるといえます。
  • 保険金の設定方法
    「日数払」がケガが完治するまでの通院日数や入院日数に応じて保険金額が設定されているのに対し、「部位・症状別払」は5日以上の入院あるいは通院の場合、ケガの部位と症状で予め設定された金額が支払われます。5日未満の場合、一律1万円が支払われます。(設定額は各社の契約約款に掲載されております)
    (例)頭部(部位)打撲(症状)なら、5万円 など

軽微なケガで、支払いスピードを重視すれば、「部位・症状別払」が便利です。その分保険料は「部位・症状別払」のほうが、「日数払」に比べて安く設定されています。
支払いスピードと補償の厚さの両方をご希望の場合は、搭乗者傷害の「部位・症状別払」と人身傷害補償保険をセットにして入ると当面の費用は搭乗者傷害でまかない、その他の費用は人身傷害補償保険で補償することができます。

車両保険の一般とエコノミーの違いについて教えて下さい。

「車両保険」は、自分のお車の損害に対して修理費用等が支払われる保険ですが、「一般車両」と「エコノミー」では、損害をカバーする範囲と保険料が違ってきます。
※NTTイフの試算見積もり、契約画面において、エコノミーとは「車対車+限定A」のことを指します。

  • 損害をカバーする範囲
    「当て逃げ」や「単独事故」による車の損傷を補償する「一般車両」は、運転に自信が無い人や、補償充実派向けです。「エコノミー」では、自分のミスが原因で起こしてしまった「単独事故」や相手のわからない「当て逃げ」などの場合は補償されませんのでご注意ください。
  • タイプ 他車との衝突・接触 盗難・火災・爆発・落書き 台風・洪水・高潮など 単独事故 当て逃げ
    一般車両
    エコノミー × ×

  • 保険料
    「一般車両」よりも「エコノミー」のほうが、補償範囲が狭い分、保険料は安くなります。
    インターネットでは、「一般車両」と「エコノミー」のそれぞれの条件で何度も見積もり比較ができ、各社の違いも一目でみることができますので、是非お試しください。

車両保険の免責金額について教えて下さい。

車両保険の「免責金額」とは、車両保険の対象となる事故がおきた場合、ご契約者自身が自己負担しなければならない(保険会社が免責される)金額の範囲のことをいいます。
(例)お車の修理代金が30万円、「免責金額」を10万円で設定していた場合
このケースの場合、20万円が保険会社から支払われることとなり、10万円は自己負担ということになります。

    • 5・10万
      保険期間内の1回目の車両事故については、自己負担が5万円。2回目は、自己負担10万円となります。
      従って、支払われる保険金は、車両保険金額を上限に以下の通りとなります。
        1回目事故・・・損害額-5万円    2回目事故・・・損害額-10万円
    • 5・10万+免ゼロ特約
      上記と同様ですが、免ゼロ特約とは、1回目の事故で車対車の事故の場合、相手自動車の登録番号等ならびに事故発生時の運転者または所有者の住所および氏名が確認されたときに限り、自己負担5万円が0円になる特約です。従って、あて逃げや自損事故は免ゼロが適用されません。なお、2回目以降の事故時は自己負担10万円となります。
    • 0・10万円
      保険期間内の1回目の車両事故については、自己負担が0円。2回目は、自己負担10万円となります。
      従って、支払われる保険金は、車両保険金額を上限に以下の通りとなります。
        1回目事故・・・損害額全額      2回目事故・・・損害額-10万円
  • 保険料
    同じ車両保険なら、保険会社の負担が減る分だけ、保険料は以下の順番で安くなります。

     (1)5・10万  (2)5・10万+免ゼロ特約 (3)0・10万円
    保険料が安い ←----------→ 保険料高い


車の買い替えを予定しています。安全防止装置をつけると保険料が安くなるときいていますが、どの程度安くなりますか?

自動車の装備による割引は保険会社によって割引の有無、適用基準、割引率が異なります。「イモビライザー割引」ですが、車両盗難を防止する装置であることから「年間保険料」のうち「車両保険」の数パーセント(会社によって異なりますが、3%程度)が割り引かれるというものです。上述のとおり車両保険を付帯しないご契約の場合は、割引はありませんし、同割引がない会社もあります。その他に以下のような割引がありますが、同様に保険会社によって割引の有無、適用基準、割引率が異なります。インターネットで見積もりいただく際には、見積もり比較の一覧表には、適用される割引が掲載されますのでお試しください。

  • 「ABS割引」
  • 「エアバック割引/デュアルエアバッグ割引」
  • 「横滑り防止装置」
  • 「イモビライザー」

見積もり比較してみて保険料がとても安く表示されたのですが、本当に大丈夫ですか?

保険会社によって、保険料の算定方法や割引条件はさまざまです。インターネットでは、お客様にご入力いただいた内容で保険料の見積もりをしております。今回の見積もり結果については、お客様にぴったりの条件で、各社の保険料に差がでたと思われますのでご安心下さい。万が一入力された内容等に間違いがないかどうか不安な場合は、再度ログインしていただき、保存されている入力内容をご確認いただくこともできます。

父の名義で保険を契約したが、自分の名義に変更できますか?

同居の親族であれば、ノンフリート等級を引き継いで名義変更することができますが、インターネットでの変更のお手続きはできません。詳しいお手続きに関しては、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

購入した車の名義変更がまだ済んでいません。それでも保険に加入することはできますか?

弊社でのご契約は、名義変更されることが前提になります。詳しくは、カスタマーセンターにてご相談を承りますのでお気軽にお問い合わせください。

会社名義の車を譲り受け、譲渡手続きをしました。しばらくは保険期間があるので、そのままにしていますが、問題ないですか?個人で新規に契約する場合、保険料は高くなりますか?

譲り受けた方とのご関係によって、補償の範囲や無事故等級の引き継ぎなどに違いがあります。 車検証上の「車両所有者」を個人に変更手続きをされている場合は、お車の「譲渡」に該当し、現在のご契約では、保険金が請求できない場合があります。新しい条件でお早めに自動車保険をご契約されることをお奨めいたします。 また、満期における保険契約のお手続きですが、車検証記載の車両所有者の名義にもよりますが、次回のご契約の等級が「1~5等級」でなければ、次回まったく新しく保険のご契約をされるのと同じ等級になります。この場合やはり車検証の名義によってはご案内できない保険会社もございますので、一度カスタマーセンターまでご連絡いただくことをお奨めします。

以前自動車保険を解約しましたが、改めてまた加入したい場合、どうすればいいでしょうか?現在任意保険には加入していません。

解約されてから13ヶ月以上経過しているか否かで新しいご契約の等級が異なります。 いずれの場合もお見積もり、お申込みはカスタマーセンターでの取扱いとなりますのでご相談ください。

現在の契約が、ノンフリート保険期間通算特則を適用しての契約ですが、申込はできますか?

ご継続希望の保険会社によっては、前年の保険期間が1年契約とみなされない場合があります。詳細についてはカスタマーセンターまでお問い合わせください。

ページトップヘ