マイカーは自宅に残して単身赴任。主に妻が運転することになりますが、ノンフリート等級は引き継げるのでしょうか?

マイカーは自宅に残して単身赴任。主な運転者を変更すると保険料のノンフリート等級は引き継げないのでしょうか?

単身赴任で自宅を留守にするため、しばらくは妻が主に運転することになります。長年、無事故なので、保険料の割引等級が進んでいるのですが、主な運転者を変更すると割引がなくなってしまうのでしょうか?

無事故を続けた自動車保険で、保険料が割り引きとなる根拠は、事故を起こさない運転をしてきたという経歴を評価しているからに他なりません。

つまり、主な運転者が全くの他人になるような場合には、ノンフリート等級を引き継ぐ理由がありません。そうは言っても、ファミリーユースの自動車では、もともとご家族でハンドルをシェアしているケースも多く、通勤方法が変わった、子供の送り迎えが必要となった、などの理由で、家族の中で、主な運転者が変更されることはよくあります。

こうした実態に合わせて、自動車保険では、記名被保険者(ご契約のお車を主に使用される方)を変更してもノンフリート等級を続けられる範囲を定めています。

次の(1)~(3)の範囲で、記名被保険者が変更される場合には、ノンフリート等級を継承します。

(1) 記名被保険者の配偶者間の変更
(2) 記名被保険者の同居の親族間の変更
(3) 記名被保険者の配偶者の同居の親族への変更

つまり、配偶者間の変更は同居/別居を問わずノンフリート等級は引き継がれます。また、配偶者間でなくても、同居中の親族であれば、等級を引き継ぐことは可能となっています。たとえば、同居しているお子さんが免許を取得して、主に運転するようになった場合でも、ノンフリート等級は引き継がれます。

ただし、お子さんへの引き継ぎは同居中であることが条件となることに注意してください。下宿して大学へ通うお子さんは、この条件を満たしません。運転者家族限定割引では、「別居の未婚の子」は家族とみなされますが、ノンフリート等級の継承範囲には含まれませんので、注意が必要です。

自動車保険は、ネットでカンタン比較、ラクラク手続きは当たり前となっていますが、ライフスタイルの変化により、変更手続きが発生したときに、相談に乗ってもらえる専門家はきちんと確保していますか?

こういった場合に備えて、信頼のおける保険代理店を通じた自動車保険契約をしておくことを考えておきましょう。NTTイフでは、11社の自動車保険を取扱いしているだけでなく、ご契約者様からのご相談に対してアドバイス、手続きのサポートをしています。代理店を通じても保険会社ダイレクトに契約しても保険料は同じです。保険選びの秘訣は、「代理店選び」と言っても過言ではありません。

その他「無事故を続けていると保険料は安くなる!」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ