保険料のノンフリート等級が引き継がれるのは?

保険料のノンフリート等級が引き継がれるのは?

満期を過ぎてしまうと保険料のノンフリート等級を引き継ぐことはできないと聞きましたが、事故があって保険料が割増となっている場合でも、満期を過ぎてしまうと6等級からのスタートとなるのでしょうか?

自動車保険の保険料は、事故がない場合には割引が適用されます。保険証券に「ノンフリート等級」という記載がありますが、初めて自動車保険に加入するときには、「6等級(S)」から始まり、1年間保険事故がない場合には、毎年1等級ずつ数字が上がり、それにともなって保険料の割引が大きくなります。

さて、このノンフリート等級を引き継いでいくためには、更新契約をすることが前提となりますが、うっかり手続きを忘れて満期切れとなってしまったような場合に、満期日の翌日から起算して7日以内に更新した場合には、等級を引き継げるという救済措置があります。つまり、8日が経過してしまうと、次回のご契約は、原則として、「6等級(F)」からスタートということになります。

一方、事故があると、等級の数字は下がります。たとえば、「6等級」の契約で対物事故により保険金の請求があった場合には、次回の契約では、「3等級」となり、保険料が割増となります(保険事故1件について「3」を引いた等級となります)。

では、このような場合にも、満期から8日が経過すると、「6等級」からスタートできるのでしょうか? 答えは「いいえ」です。それでは、事故による保険金の請求をした方と初めて自動車保険に入る方を同等に扱うことになり、不公平となります。

こうした観点から、現在の契約が1~5等級の場合に限り、満期日などの翌日から起算して13ヵ月以内に保険契約が始まる場合は、前契約の等級を引き継ぐこととされています。つまり、わざと満期日をずらしても、保険料の割増を逃れることはできません。

その他「無事故を続けていると保険料は安くなる!」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ