セカンドカー割引って、1台目が父の車でも大丈夫?

セカンドカー割引って、1台目が父の車でも大丈夫?

貯金にボーナスを合わせて、マイカーを購入しようと思っています。当然 自動車保険には入ることになりますが、年齢も若いし、保険料が高いのが 悩みのタネです。父に相談したところ、「家の自動車としては2台目なの だから、『セカンドカー割引』になるのではないか」というのですが…。

初めて自動車保険に入るときは、ノンフリート6等級(S)からスタートすることが決められています。その後、事故がなければ、毎年1等級ずつ進級し、もし事故による保険金の請求があると等級はダウンし、次回の保険料が割増となります。

さて、初めて自動車保険に入るお車でも、先に1台目の実績がある場合には、優遇措置を受けられる場合があり、これをセカンドカー割引(複数所有新規契約者に対する特則)と呼びます。

条件としては、1台目の自動車のノンフリート等級が11等級以上であること、2台目の自動車の記名被保険者(ご契約のお車を主に使用される方)・車両所有者が、1台目の自動車と同一であることを原則としているのですが、記名被保険者・車両所有者は、配偶者、または同居の親族の範囲であれば、適用できるように規定が拡大されています。

従って、お尋ねのケースでは、お父様の自動車保険がノンフリート11等級以上で、ご相談の方と同居であれば、セカンドカーとして取扱うことが可能です。

セカンドカーとして契約すると、保険料は割引となります。保険料のメリットが大きいので、ぜひ検討してみましょう。

知っていると知らないでは大きな違いがありますね。自動車保険選びは、ぜひ信頼のおける保険代理店でアドバイスを受けましょう。NTTイフは、自動車保険代理店として、WEBサイトでも、条件によってお客様にとって、よりメリットのある契約を提案できる仕組みを整えております。ご不明の点には、保険のプロが懇切丁寧にご説明する、ご契約デスクも備えております。

その他「無事故を続けていると保険料は安くなる!」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ