自動車保険の弁護士費用特約って、どんな相談でも出来るの?

自動車保険の弁護士費用特約って、どんな相談でも出来るの?

徒歩で通勤の途中、横断歩道で右折車に接触してケガをしてしまいました。示談交渉なんて初めてだし、とても不安です。自動車保険には入っていますが、歩行中の事故だし、相談に乗ってはもらえませんよね?

あなたの自動車保険には、「弁護士費用等補償特約(自動車)」がついていますか? 自動車保険の「弁護士費用等補償特約(自動車)」は、主に自動車事故でケガをしたり、持ち物の損害が発生したときの弁護士費用を補償する特約です。

自動車保険にこのような特約が用意されている趣旨は、ご自分に全く責任のない「もらい事故」の場合には弁護士法の制約などから保険会社があなたに代わって示談交渉することができないという事情を解消することなのです。信号待ちで停車中に追突されるなどの「もらい事故」は自動車保険の賠償事故のうち、およそ3件に1件の割合で起きているのです。

さて、「弁護士費用補償特約」の補償する範囲ですが、実は保険会社、保険商品によって少しずつ違いがあります。いちばん基本的なのは、「自動車事故」によりケガをしたり、財物に損害を受け、損害賠償請求費用、法律相談費用を負担した場合に保険金が支払われるというものです。

保険会社よってはさらに、範囲を「交通事故」まで拡大した補償が受けられる商品もあります。交通事故とは、自動車事故だけでなく、自転車で転んだ場合や建物の火災などが含まれます。このほか、日常生活の事故によるケガ、損害まで対象とする保険もありますので、あらためてご自分の保険証券をじっくり調べてみましょう。

このほか、最近の自動車保険には、人身傷害保険という補償がついているケースが多く、この補償によれば徒歩で通勤中の事故も補償される場合があります。スタンダードタイプの人身傷害保険では、自動車事故によりケガをされた場合の治療代などが、保険金額の範囲内で約款に定める支払保険金の計算方法および損害額基準により補償されます。自動車が関係する事故であれば、ご自分の自動車に搭乗中の事故でなくても、かまいません。 つまり、「徒歩で通勤途上に自動車にはねられた」、「他の自動車に乗っていて衝突事故でケガをした」などの場合に補償の対象となります。

その他「こんな補償も付けられる 自動車保険に追加できる補償」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ