自動車保険に加入しているのに自分で示談交渉をすることに…

自動車保険に加入しているのに自分で示談交渉をすることに…

自動車保険に加入しているのに自分で示談交渉することに

Aさんは自家用車で通勤中に赤信号で停止していたところ、Bさんに後ろから衝突されてしまいました。 さいわい、どちらにもケガはありませんでしたが、お互いの車とも破損してしまいました。原因はBさんの 前方不注意ということで、Aさんにとっては、まったくの「もらい事故」でした。

Aさんは車両保険には加入していなかったのですが、自分に過失は無いので、Bさんに修理費用を全額補償してもらおうと考えました。ところが、Bさんは自動車保険(任意保険)に加入していないかったうえに 解決に向けてあまり積極的ではなく、なかなか話し合いに応じてくれません。 こんなときは保険会社に任せようと、自分が加入している保険会社に連絡しましたが、驚いたことに、 今回の事故はAさんに過失が無いので、示談交渉はできないというのです。

示談交渉なんて経験もありませんし、とても不安な気持ちでいっぱいです。こんなときのための保険だと 思っていたのに・・・。

保険会社は、被保険者(ご契約のお車を主に使用される方)が損害賠償の請求を受けた場合に、被保険者の損害賠償責任の内容を確定させるため 折衝、示談、調停、訴訟の手続きについて協力、援助を行なうものとされています。つまり被保険者が賠償 責任を負う場合にのみ、示談交渉に関与することができるのです。今回の場合は、Aさんに過失がないので、賠償責任自体がありませんから、保険会社が解決に乗り出すことはできないのです。

さて、このような「もらい事故」に備えるには、どのような方法があるでしょうか? ひとつは、弁護士費用等補償特約(自動車)を付けておくことです。相手方との交渉を弁護士等に依頼した場合や、事故の解決が訴訟に及んだ場合等に必要となる弁護士費用が1事故について300万円まで補償されます。任意保険に加入していない Bさんに対しても弁護士を通して法的に対応することができます。

もうひとつの方法としては、車両保険に入っておくことです。通勤に使用する自動車なので、どうしても 早く修理しないと困るというような場合に、車両保険で補償を受けることができます。次年度の等級が ダウンしてしまい、保険料が高くなってしまうかもしれませんが、示談交渉を待たずに修理ができる点は助かる場合がありますね。

また、保険会社によっては「車両保険無過失事故に関する特約」があります。この特約を付けていると今回のようなケースでも等級がダウンすることなく保険を使うことができます。

その他「こんな補償も付けられる 自動車保険に追加できる補償」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ