大地震や噴火のとき、自動車保険は役に立つ?

大地震や噴火のとき、自動車保険は役に立つ?

大地震や噴火のとき、自動車保険は役に立つ?

最近、日本全国あちこちで、地震や火山噴火のニュースをよく目にします。そのたびに、泥に埋まったり、噴石でフロントガラスが割れてしまった車の映像が映し出されますが、あのような被害が出た場合も、自動車保険で補償されるのですか? また、地震が引き金となって事故を起こし、人にケガをさせたり物を壊してしまった場合はどうなるのでしょうか?

残念ながら自動車保険では、地震や津波、噴火、核燃料の爆発などの大災害や戦争、内乱、暴動などによる損害は、ほとんど支払いの対象外となっています。阪神淡路大震災でも、多くの建物が倒壊し、駐車中の車も数え切れないほどその下敷きとなりましたが自動車保険からの補償はされませんでした。車両保険に限って言えば、『地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約』というものも存在しますが、一部の保険会社でのみ販売し、補償内容も全損時に50万円を上限にお支払となっています。

ワンポイントアドバイス
  • 車を運転中に大地震や噴火に遭遇したら、キーをつけたまま車を停止させ、安全な場所へ避難します。二次的な事故を防ぐためにも、車で移動することは避けてください。

その他「保険金が支払われないとき」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ