駐車場に戻ってみたら、愛車に大きな傷が

駐車場に戻ってみたら、愛車に大きな傷が・・・

駐車場に戻ってみたら、愛車に大きな傷が・・・

スーパーで買い物を終えて駐車場に戻ってみたら、なんと私の新しい車のドアに大きな傷が……。状況から見て、隣の車が車庫入れに失敗してぶつかったらしいのですが、悔しいことにそのまま逃げられてしまったようです。私は車両保険をかけていますが、こんな場合でも修理代は出るのでしょうか?

あなたがかけている車両保険の種類が、「一般条件の車両保険」なら、このような当て逃げ事故でも保険金支払いの対象になりますが、「エコノミー車両保険(車対車+A)」などの場合は、残念ながら対象外です。「エコノミー」とは、日本語で「節約」の意味。つまり、保険料が安くなるぶん、補償範囲も狭くなってしまうのです。

「エコノミー車両保険(車対車+A)」は、運転ミスによる単独事故、あて逃げなどの補償を除いた保険となっています。「当て逃げ」や「単独事故」による車の損傷をカバーしたいのなら、「一般条件の車両保険」で契約する必要があります。「一般条件の車両保険」は、接触、衝突、転覆、墜落、火災、水災、盗難などをカバーする最も補償範囲の広い車両保険です。

ワンポイントアドバイス
  • 車両保険は補償範囲によって種類が異なり、保険料にも差がつけられています。「当て逃げ」や「単独事故」による車の損傷をカバーしたいのなら、最も補償範囲の広い「一般車両保険」で契約する必要があります。
  • 車両保険を契約する場合は、通常5万円(1回目の事故)、10万円(2回目の事故)といった「免責金額(自己負担額)」を設定します。相手のある事故の場合は、たいていの場合「過失相殺」がおこなわれるため、免責金額(自己負担額)分を相手側から回収することができますが、相手のいない当て逃げや自損事故の場合は、全て自己負担となってしまいます。
    また、1回目の事故が車同士の衝突または接触によるもので、かつ相手が特定できた場合に限り、免責金額の3万円または5万円が0円になる「車対車免責金額(自己負担額)ゼロ特約」というものもあります。

その他「マイカーの損害を補償する 車両保険の補償」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ