他人を車に乗せないが、搭乗者傷害保険はホントに必要?

他人を車に乗せないが、搭乗者傷害保険はホントに必要?

私の車には、私がハンドルを握る以外、まず他の人は乗せません。同乗者がいない場合でも「搭乗者保険」をかける必要があるのでしょうか。そもそも「搭乗者保険」とはどんなときに役立つ保険なのでしょうか。

搭乗者保険を「同乗者」のための保険だと勘違いしている人は多いようですが、この保険は、その車に乗っている人(運転している本人や同乗中の家族・友人)が事故により死亡したり、ケガをした時、相手からの賠償に関係なく保険金を支払うというもの。ですから運転者のあなたも万一のときは、もちろん保険金支払いの対象です。搭乗者傷害保険からは、死亡保険金だけでなく、傷害保険金、後遺障害保険金なども支払われますのでいざというとき役に立つでしょう。

ワンポイントアドバイス
  • 搭乗者傷害保険だけを受け取った場合は、事故件数としてカウントされませんので、翌年の保険料はアップしません。
  • 搭乗者傷害保険は、「正規の乗車装置またはその装置のある室内」に乗っている場合に支払われます。つまり、ワンボックスカーの座席後ろのスペースはOKですが、運転席と荷物室が仕切られているような車の荷物室内に乗っていて事故に遭った場合は対象外です。

その他「自動車事故でケガをしたとき 傷害保険の補償」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ