洪水で車が半分以上浸水してしまったが車両保険は使える?

洪水で車が半分以上浸水してしまったが車両保険は使える?

台風の大雨で近所の川の堤防が決壊し、あっというまに町の中に水が流れ込んできて、昨年買ったばかりの車は移動させるゆとりもないままボンネットの上まで完全に水につかってしまいました。外観には特に傷がつきませんでしたが、エンジンがダメになり、修理は不可能。廃車にするしかないようです。このような天災でも車両保険をかけていれば保険金はおりるのでしょうか?

車両保険の種類を「一般条件の車両保険」か「エコノミー車両保険(車対車+A)」で契約していれば、台風や洪水、高潮などの被害にあった場合でも支払いの対象です。日本はこのような自然災害を受けやすい国です。「交通事故」や「盗難」以外に受けるかもしれない車両被害も保険契約時に想定しておく必要がありそうですね。

ワンポイントアドバイス
  • 水の被害の場合、車の外観はきれいですが、エンジンや電気系統がダメージを受けてしまうため、修理不可能の「全損」として扱われることが多いようです。
  • 同じ自然災害でも、「地震」「地震・噴火による津波」「火山の噴火」などは自動車保険の支払対象外です。車両保険に限って言えば、『地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約』を保険会社によってはご用意がありますが、自動車が全損扱いになった場合、50万円を限度に保険金が支払われます。

その他「マイカーの損害を補償する 車両保険の補償」カテゴリのアドバイス

保険会社の保険料比較ができる

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料    サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ