保険料の内訳を知っておこう

保険料の内訳を知っておこう

私たちが支払っている自動車保険の保険料は、全額保険金に当てられるわけではありません。大きくは保険金支払いの原資に当てられる「純保険料率」と呼ばれる部分とそれ以外の「付加保険料率」と呼ばれる部分に分けられます。さらに、付加保険料率も保険を販売する代理店に支払う「代理店手数料」、保険会社の経費に当てられる「社費率」、保険会社の「利潤」に分けることができます。
しかし、96年の日米保険協議によって自由化の扉が開かれ、97年にはトップを切ってアメリカンホーム保険が通信販売によって自動車保険の発売を始め、 98年には自動車保険料率算定会の料率使用義務も廃止されました。自動車保険の分野に外資や他の産業から新たに参入することが可能になり、保険料の設定も保険会社の裁量に任されるようになったのです。これが、横並びの保険料から保険料に違いが出てくるようになった時代背景ということができます。

かつては保険料に差は付けられなかった

以前はこの営業保険料全体について自動車保険料率算定会の定める料率使用が義務付けられていたため、他社と差を付けることはできませんでした。しかもほとんど業界内の競争もなく、どの保険会社の保険に入っても保険料、補償内容ともに大差ない時代が長く続いてきました。

それぞれの会社の裁量で保険料を決める時代に

しかし、自由化以後は、自動車保険料率算定会が出す「参考純保険料率」を参考にすることはできますが、原則的に各社が独自のデータによって保険料を決めることができるようになりました。そのため、これらの項目にかかる費用をいかに削減するのか、その経営努力が問われるようになってきました。それが私たちの支払う保険料の違いになって表れているわけです。

保険料内訳の例

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ