よくある質問│交通事故でケガを負った場合、自動車保険の支払いは具体的にどのような流れで行われるの?

交通事故でケガを負った場合、自動車保険の支払いは具体的にどのような流れで行われるの?

事故が発生したら損害保険会社に連絡を

事故が起こった時、人名救助が最優先になりますが、損害保険外車へ連絡をすることも必要になります。これを怠り、連絡が遅くなると、事故調査や後の保険金支払いも遅れてしまうため、なるべく早く連絡をする必要があります。

損害保険会社から詳細な説明を聞くことができる

事故報告をした際に、損害保険の担当者から「保険金受け取りの流れ、契約している保険で補償される、または補償されない内容についての説明、補償されない理由、示談交渉の流れ」といった今後の対応について説明がされるので、不明点があったらここでクリアにしておきましょう。 後から質問することもできますが、対応が遅れてしまう可能性もあるため、わからないことは解決できるようにしておきましょう。

請求に必要な書類を揃えて提出

保険金請求には、保険金請求書(各保険会社指定)、医師の診断書、自動車の修理見積書、示談書などが必要です。なお、医師の診断書は発行までに時間がかかることもあるため、必要書類は早めに揃える意識を持っておきましょう。
※保険金請求がない場合は、保険会社から連絡がくるケースもあります。

事故調査で詳細な事故の内容を伺います

事故の詳細については、保険会社、あるいは、専門の事故調査会社が行います。このとき、起こった事故について、覚えていることを丁寧に説明をするように意識してください。この調査は、事故の保険金を適正な金額で支払うための大切な調査となるため、あいまいな説明では、調査会社の判断材料が乏しくなり、保険金の支払額にも影響があるかもしれません。誇張に表現することなく、説明しましょう。(スマホで事故現場を撮影しておくこともおすすめします)

支払われる保険金額の説明、受け取り

事故調査が終わり、保険会社から調査の結果と保険金額の報告を受けます。保険金額は、契約をした振込口座に入金がされているので、必ず入金を確認しましょう。

事故から保険金の振込が終わるまでは気を抜かないように

事故を起こしてから、保険金が振り込まれるまで、少し期間が空いてしまうと、手続きが漏れたり、対応が遅くなったりすることもあるはずです。そんなときこそ、手続きごとに担当者へ連絡をして、対応遅れや漏れがないように手続きを行うようにしましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ