よくある質問│現在妊娠中で運転を控えたい。解約するしかないのでしょうか?

現在妊娠中で運転を控えたい。解約するしかないのでしょうか?

車は運転したいけれど、妊娠中のためしばらく車の運転はしないから車を売ることに。でも2~3年後には運転したい…というお悩みはよく聞きます。車に乗らない期間が長いと自動車保険の解約を考えてしまいますよね。けれど自動車保険を解約してから新規に契約した場合、せっかくためた等級も初めからになってしまいます。そんなとき等級を引き継ぐことができたら嬉しいですね。妊娠中でも保険料をおさえる方法についてご紹介いたします。

自動車保険は中断をして等級を引き継ぐことができる

様々な理由で車を手放すとき、保険も解約するといったことが頭に浮かぶと思います。ですが等級はそのままで新しい車へと引き継がせることができます。引き継ぐときに必要なのが「中断証明書」といった書類です。中断証明書を発行するには、所定の書類を用意して保険会社や代理店へ提出することで手続きを行うことができます。

最長で10年間はそのままの状態にしておけます

中断可能な期間は、保険会社によって異なりますが、目安としては最長で10年となります。「いま妊娠中だけど、出産をしてから子供に手がかかるため2~3年の間は車を運転しないかな」と考えている方も、最長で10年あれば、安心して中断することが可能ですね。なお、中断証明書の発行には条件があるため、中断を検討している方は、自動車保険を解約する前に保険会社や代理店へ相談しておきましょう。

旦那に等級を引き継ぎたい、その他の要望がある場合はプロに相談を

妊娠中から車の運転を再開するまで、等級を保存することもできますが、家計を考えて自分の車を譲渡して、旦那に運転は任せようと考える方もいると思います。そんなとき、ご自身の等級が旦那さんよりも高い場合、その等級を引き継ぐこともできます。しかしながら、加入している保険によっては、引き継ぎができない可能性もあるので、契約の継続か解約か、はたまた引き継ぎかと悩んだら、一度アドバイスを聞いてみるのがおすすめです。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ