よくある質問│対策せずに雪道事故…自動車保険は適用される?

対策せずに雪道事故…自動車保険は適用される?

冬になると、高まるのが雪の被害による事故。雪道でスリップして前の車と追突してしまった、雪で車が動かなくなってしまった、などなど。対策を万全にしても起こる可能性があります。雪道の事故やトラブルは、自動車保険で補償されるのでしょうか。今回は雪道事故でのトラブルについて解説します。

雪道の事故でも保険は適用されます。

例えば「下り坂でブレーキをかけたがスリップして前方の車に衝突してしまった」というケースの場合、車両保険が適用されます。ただし、保険での補償を利用すれば等級は下がります。翌年の保険料は上がってしまうので気をつけましょう。

車以外の破損は補償の対象外になることも

雪の被害でよくあるのが、「雪の重みで車庫がつぶれて車が破損した」といった車の事故以外の影響で車が破損してしまうケースです。この場合、破損した車は車両保険で補償がされるため修理代はカバーされますが、雪の重みでつぶれた車庫の修繕費などは対象外となるため、その費用は負担しなければなりません。

なお、車両保険には「一般型」「限定型」があり、一般型の保険では補償されるものの限定型では補償されないといったケースもあります。補償の対象になるかどうかは加入している保険会社や代理店によく確認しましょう。

雪道を走るときは万全の対策を

雪道を走る場合には、タイヤにチェーンをつける、できるだけ低速運転をする、道幅の狭い道路は避けるといった事故を起こさない準備が必要です。それでも「雪にはまってしまい、車から出ることができない」といったトラブルに巻き込まれてしまった場合は、契約している保険会社や代理店、また契約についているロードサービスを利用して、困った事態を解決できるように備えましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ