よくある質問│自転車や歩行中の交通事故も補償されるって本当?

自転車や歩行中の交通事故も補償されるって本当?

自動車保険で歩行中の事故も補償はOK

自動車保険の人身傷害補償保険は、自動車に搭乗中のケガを補償する保険ですが、本人や家族が自転車に引かれるなどの歩行中の交通事故も補償の対象となります(保険会社によっては特約をつけることで対象となります)。契約によっては、保険会社が定める電車や飛行機などの乗り物での事故も補償対象となります。

自動車事故でケガをした場合は?

対人賠償保険や対物賠償保険に並んで、人身傷害補償保険は自動車事故でケガをした場合の治療代などを補償する保険であり、自動車保険の主となる補償です。
標準的な人身傷害補償保険は、自動車搭乗中に加え、歩行中の交通事故も補償の対象となり、自分の過失割合の大小に関わらず、ケガや死亡による実際の損害額を保険金額内で受け取ることができます。つまり、自動車が関係する事故であれば、自動車搭乗中の事故に限らず、例えば「徒歩で通勤途上に自動車にはねられた」、「他の自動車に乗っていて衝突事故でケガをした」場合なども補償の対象となります。また、補償の対象者も幅広く、本人に加え、配偶者や同居の家族なども含めて補償されます。

補償範囲が広がりつつある人身傷害補償保険

最近では、自動車以外の交通手段の事故も含めるなど補償が拡大された人身傷害補償保険もあります。電車や飛行機などの乗り物での事故や建物火災による傷害も補償に含まれ、例えば通勤途上に駅の階段を踏み外して骨折したなどのケガも補償対象となります。
自動車保険の人身傷害補償保険に加入している場合は、どんなときに保険金を受け取ることができるか補償内容を確認し、ケガの請求に漏れがないようにしましょう。

なお、人身傷害保険の保険料を少しでも安くしたい場合には、契約している自動車に乗車中の事故に補償の範囲を限定することができます。保険会社により名称は異なりますが、「人身傷害のご契約のお車搭乗中のみ補償特約」などとして、補償範囲を限定した場合には、自転車や歩行中の自動車事故で被害を受けても、自動車保険での対象とはなりません。

人身傷害補償保険の補償の範囲は広げることも限定することもできますので、保険代理店等に相談し、ニーズに応じた保険を検討するとよいでしょう。

自転車で起こした事故も自動車保険でカバーできます!

自動車保険に「個人賠償責任保険」(保険会社により名称は異なります)の特約を付けることで、自転車事故での対人賠償や対物賠償も補償対象となり、契約者本人及び家族が自転車で起こした事故も補償の対象となります。
人身傷害補償保険と個人賠償責任保険特約に加入することで、自転車事故での他人に対する賠償と自分や家族のケガの補償ができますので、あわせて加入を検討しておきましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ