よくある質問│自動車保険は年末調整の対象になるの?ならないの?

自動車保険は年末調整の対象になるの?ならないの?

年末になると、会社員の方は年末調整を、個人事業主の方は確定申告を行いますね。
生命保険であれば、保険料控除証明書の提出を行い、控除を受けることができますが、自動車保険はどうでしょうか。自動車保険が保険料控除の対象になるのか、ならないのかご紹介をします。

自動車保険は保険料控除の対象になりません

税制改正により、現在では保険料控除の対象になるのは以下3つになっています。
(1)社会保険料 (2)生命保険料 (3)地震保険料
昔は自動車保険も控除対象になっていましたが、税制改正により自動車保険は控除の対象から外れまています。

※平成18年の税制改正で、平成19年分から損害保険料控除が廃止されました
(参考URL:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1145.htm

会社で支払う保険料は経費で計上することができる

会社員と企業では、自動車を利用する用途が異なります。例えば、営業のために使用する場合は社用車となるため、その社用車で契約している自動車保険は業務に関連する費用(経費)となります。そのため、経費として計上して法人所得から差引くことができます。

※税務上の控除等の確認は、必ず税務署や税理士などに確認をして手続きをしてください。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ