よくある質問│自動車保険を解約せずに一時停止にする方法とは

自動車保険を解約せずに一時停止にする方法とは

結婚して旦那の車を使うことになったから自分の車がいらなくなった、また、海外赴任が決まったから車を売らないといけない…など、ライフステージによって車を使わなくなるシーンも時には出てきます。そんなとき、自動車保険の解約を頭に思い浮かべる方もいると思いますが、実は解約せずに今のまま(等級を下げずに)で契約を中断できるって知っていましたか?今回はそんな方法をご紹介します。

中断証明書の発行で契約を一時停止することが可能です。

自動車保険を解約せずに一時停止する際は、「中断証明書」を発行することで、現在の等級を保持しながら、一時的にストップすることが可能です。この中断証明書は、所定の手続きを行うことで発行される証明書なので、手続きにどんな書類がいるかしっかりと押さえておきましょう。

中断証明書は必要書類の提出で発行することができます。

中断証明書の発行には、以下2つの書類提出が必要になります。
1.中断証明書発行依頼書
2.車を廃車、譲渡などしたことを証明する書類
上記2つの書類を契約した保険会社、もしくは代理店へ提出することで、中断証明書が発行されます

※注意※
保険会社によって、提出する書類が異なる場合もあるので、中断証明書を発行する際は、保険会社へ確認しながら手続きを進めましょう。

保険を解約するか迷ったら。

自動車を手放し保険も解約しようと考えている方は、中断という選択肢もあることも頭にいれておくといいでしょう。中断証明書を発行することで、別の保険会社の自動車保険に加入することになっても、等級を引き継ぐことができるため、自分が持っている等級によっては保険料が安くなる可能性もあるからです。また、所定の条件(※1)を満たしている場合、最大で10年間等級を保存することもできるんです。自動車に長期で乗らなくなったら、契約している保険会社に相談してみてくださいね。
(※1)
所定の条件に関しては、加入している保険会社によって異なるため、必ず確認してから手続きを行ってください。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ