よくある質問│当て逃げされたら自動車保険は適用される?

当て逃げされたら自動車保険は適用される?当て逃げされた時の対処法

当て逃げの被害者になったら警察に被害届を出しましょう。

狭い道路や駐車スペースからの車の出入りでは、少し当たってもそのままいってしまう車も多いものですね。特に、当て逃げの場合は相手を特定することが難しく、車の傷の程度によって、被害届を出すか悩む方も多いはず。だからといって、そのままにしておかず、被害届を出すことで、警察から適切なアドバイスを受けることもあります。ちょっとだから大丈夫!と思わずに、しっかりと被害届をだすことも大切です。

当て逃げは車両保険が適用されますが注意が必要です。

当て逃げの被害者となった場合、車両保険の補償が適用されます。しかし、車両保険には一般型と限定型(保険会社によって呼び方はそれぞれあります)の2種類あり、一般型とよばれる保険に加入しなければ当て逃げの補償を受けることができません。一般型は、当て逃げ以外にも、崖からの転落や電柱との衝突、自転車などの接触、といった場合でも補償の対象となるため、トータル的なサポートが受けられる車両保険です。しかし、一般型と限定型は、保険料も異なるため、加入の際は補償内容をしっかりと比較して加入するようにしましょう。

保険を使うか、使わないかは冷静に考えましょう。

当て逃げをされて車をよく見ると、ちょっとしたこすり傷やへこみ程度の場合、車両保険を使うと、翌年の保険料が高くなり、トータル的に家計の負担になってしまうかも・・・といったこともあるはず。 車の傷やヘコミの程度によっては、保険をつかわないほうがおトクになることもありますが、だからといって自分だけで判断をするのはやめましょう。ちょっとした傷でも、実は内部に損傷があり、整備会社に修理を依頼したら修理代が高くなってしまった、といったケースもあります。br /> 当て逃げをされた時は、まず警察に被害届を提出し、車の傷やヘコミに関しては、自動車保険のプロである保険会社に相談をして、適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ