よくある質問│ダイレクト(通販系)と呼ばれる保険会社と大手保険会社の違いは?

ダイレクト(通販系)と呼ばれる保険会社と大手保険会社の違いは?

自動車を初めて購入する際に、自動車販売店などから自動車保険の加入を勧められますが、その多くは保険代理店を介して大手保険会社と契約する自動車保険です。 しかし、テレビCMやインターネットではダイレクト保険会社の自動車保険が目に入ってきます。
この2種類の自動車保険はどのように違うのでしょうか。

代理店を介する自動車保険と、ダイレクト自動車保険

現在、自動車保険の販売形態は大きく2つに分類されます。ひとつは「代理店を介する自動車保険」と、もうひとつは「代理店を介さないダイレクト自動車保険」です。
以前、1990年代前半までの自動車保険は、各保険会社による保険料の違いは、ほとんどありませんでした。よって、保険会社を意識せずに保険代理店を通して契約することが一般的でした。
その後、1990年代後半より、保険料の自由化が進みます。各保険会社は代理店を介さずに電話やインターネットで契約者と直接(=ダイレクト)契約する方法で、保険料の安さを宣伝する自動車保険を展開してきました。これがダイレクト自動車保険であり、手軽さなどで徐々に広まってきました。

このような経緯があり、自動車保険を選ぶ前には、このふたつの特徴を知っておきましょう。

代理店を介する自動車保険のメリット

保険代理店では、担当者と保険に関する相談ができ、補償内容や特約について丁寧に説明してくれます。
また、事故の際も代理店の担当者が対応するため、自動車のことで困ったときには代理店に連絡すればよく、なにかあったらどうしよ うという心配事も少なくて済みますので、自分の手間を減らして保険に加入したいという方向けであるといえます。

また、代理店を経由しても、直接保険会社と契約しても、保険料に違いはありません。さらに、代理店には契約者向けのサービスとして、無料ロードサービスなど特徴のある特典が用意されていることが多く、契約者にとって代理店を通した方が、いざという時に得する場合が多くあります。

ダイレクト自動車保険のメリット

ダイレクト自動車保険は、深夜でも複数社の見積もりを取得して比較検討ができ、インターネットや電話、郵送などでの契約可能なため、担当者へ契約の相談をする必要がありません。忙しい人や担当者と話すことが煩わしいと感じる方でも、手続きしやすいという特徴があります。
なお、ダイレクト自動車保険は、インターネット等から自分で補償内容を決めるため、補償内容を理解しており、事故の際の手続きも自分で行いたいという方向けであるといえます。

 以上のように、代理店を介する自動車保険も、ダイレクト自動車保険もそれぞれにメリットがあります。しかしそれは、事故時の対応やサービスなどが大きく違うということではありませんので、代理店に任せて自分の手間を省きたい方は代理店を介する自動車保険、自分で考えて契約したい方はダイレクト自動車保険を選択すると良いでしょう。
いずれの自動車保険も、保険会社により補償内容や保険料が異なりますので、複数社の見積もりを比較検討し、納得してから契約を行いましょう。

保険料は保険会社直接の契約でも代理店を通しても同じです!

それならたくさんの特典が付く
NTTイフで契約しませんか?


カンタン無料

  サービス充実のNTTイフでお見積もり!

ページトップヘ